• Device Content Image
  • Device Content Image
  • Device Content Image
  • Device Content Image

 先輩データ 3 


先輩からの声をお届けします。

○名前  Mさん
○所属部署  竜南支店 窓口担当
○入社年  2015年入社。3年目。

うさけん

 今の所属と、その仕事内容を教えて下さい。

甲斐市にある竜南支店にて窓口係として仕事をしています。窓口業務全般(口座開設、預金作成、解約、為替、税金収納等)を行なっています。これらだけでなくお客さまからお届けいただいている諸届の変更事務(住所や名義の変更)やお客さまの相続の手続きをするなど、多岐に渡る事務を行なっています。

 今の仕事の魅力とやりがいを教えて下さい。

この仕事の魅力は様々な人々に会えることです。個人のお客さまはもちろん、カフェのオーナーなどの個人事業主、また会社の社長さんなどなかなか普段お話することが出来ない方々と会話が出来ます。たくさんの方々に会うことにより、色んな話が聞けて毎日が勉強と発見の連続です。
これらもやりがいの一つですが、最もやりがいを感じることはお客様に「ありがとう」という感謝のお言葉を頂いた時です。次の仕事への自信にも繋がりますし、一石二鳥です。そのため、普段からお客さま一人一人にしっかりと寄り添う事を心がけて仕事をしています。

 先輩職員の写真コーナー

 現在頑張っている事と、今後の抱負を教えて下さい。

現在2つ頑張っている事があります。1つ目は「いかにファンを増やすか」という事です。お客さまに営業店へ足を運んでいただけるキッカケを作りたいと考えています。以前お客さまからお褒めの言葉を頂いた時にすごく励みになった事があったのです。お客さまは手続きをするために来店する事がほとんどですが、そんな中「手続きは二の次であなたに会いに来たのよ」という言葉を頂いた時にとても嬉しく感じたのを覚えています。
二つ目は「いかに会話力をつけるか」という事です。お客さまと仲良くなるためにはまず会話が出来なければなりません。これらはお客さまのニーズを聞き出す際に非常に重要なのです。実際の契約に結びつけるため、先輩方や上司の会話テクニックを見て、どんな言葉で提案するべきか自分なりに研究し、実践しています。

 最後に、山梨県民信用組合って、どんな組合(社風)か語ってください。

当組合はまさに「お客さまに寄り添って」という組合です。皆さんご存知の通り、山梨では無尽という風習があります。利益を追求する銀行とは違い、お互いに助け合って、地元をより良いものにしていこうという金融機関がこの山梨県民信用組合なのです。嬉しい時はお客さまと共に喜び合い、悲しい時は一緒に寄り添う事が出来ます。
この様にお客さまとの距離が近いことによって、インターネットには掲載されない地元の情報、お客さまの考えている事を直に素早くキャッチすることが出来ます。
大きい情報も、小さい情報も、そこにはたくさんの可能性やチャンスが眠っています。そういった事に気が付き、次に繋げていける人が今求められています。

エントリーはこちらから

”マイナビ” 外部ページへ